カメラの魅力を解説



撮影スキルが高められる初心者向けカメラ教室

旅行や趣味で、カメラを持ち歩く機会が多いです。
印象深いシーンを記録に残すことで、後で思い出が蘇ってきます。
しかし、写真撮影で気になるのが、意図通りの写真を取ることが難しいという点です。
現場では強く印象に残った被写体も、カメラで写してみるとその魅力が失われているといったことが多々あります。
こうした問題は、使用機器の性能だけでなく、撮影方法にも起因します。
旅行やあるいは趣味でもっと良い写真を撮影するため、初心者向けのカメラ講座に参加することが、撮影のスキルアップにつながります。
使用するカメラの適切な設定方法から、被写体のフレームへの収め方など、初心者向けのカメラ講座を通して基本的な撮影のための技術を指導してもらうことができます。
初心者向けとはいえ、何事も基本が大切です。
撮影機器の扱い方や、被写体の撮影方法について、初心者向けカメラ講座で勉強を重ねることで、これから撮影する写真のクオリティが高まります。

カメラを向けられたときのコツ

写真を左右するのは、何といっても「光」です。カメラを向けられたときに、光を上手に利用するのが、キレイに写るコツです。
部屋の中で写真を撮影するときには、窓際など明るい場所のほうがいいと思いがちですが、日差しが直接顔に当たると影が強く出ることもあり、撮影してもらうほうとしては、できあがりがちょっと心配です。肌をきれいに見せるためには、レースなど光を通過するカーテン越しの光が最適です。肌のくすみや質感を和らげてくれます。室内で撮影するときに注意してほしいのは顔の向きで、窓からの光を背にすると、顔が暗くなってしまいます。
室内では、昼間なら窓の方向へ顔を向けて撮ってもらいましょう。位置的に難しいようなら、顔の向きを少しだけ窓のほうへ振ったり、光の当たり方を少し意識するだけでも、ずいぶんとできあがりが違ってきます。昼間の屋外では、日蔭に立つのが基本です。太陽が空の高い位置にある昼間は、顔がまぶしそうになったり、前髪のせいで目の周りが影になったりと、実は撮影には不向きな時間帯です。できれば避けたいところですが、その時間に撮影することになってしまったら、少し曇るまで待つか、日の当たらない場所を探しましょう。日蔭のほうが肌は美しく写り、表情も生き生きと見えるものです。
日差しが強くてもキレイに写る、木漏れ日を利用したコツがあります。木陰に入り、髪には光を当てて立体的な質感を出し、顔の部分は日蔭に入って肌が美しく見えるように立ち位置を調整しましょう。

Favorite

カーテン 特集

http://www.monreve-japan.jp/work

バンドヒーターの見積もり依頼

http://www.aiseidennetu.co.jp/

ペアリングの通販

http://www.rakuten.co.jp/casalupita/

ウェディングドレス

http://www.ruabridal.com/

宮古島 ダイビング

http://www16.ocn.ne.jp/~factory/

Last update:2014/10/29